起業して1~2年って、毎日が新しい発見と挑戦の連続ですよね。

起業されてそれ以上経つ方も、

「もっと商品を知ってもらいたい!」

「せっかく集めたアクセスが、すぐに離脱してしまう…」

そんなお悩みを抱えていませんか?

もしそうなら、マーケティングファネルという考え方を知ることが、売上アップへの近道になるかもしれません。

マーケティングファネルって?

マーケティングファネルは、お客様が商品を知るきっかけから購入に至るまでの流れを漏斗(ファネル)の形で表したものです。

まるで料理の漏斗のように、最初はたくさんの見込み客がいて、段階ごとに興味のない人が減っていき、最終的に購入者という「おいしい成果」になるイメージです。

マーケティングファネル5つのステップ

マーケティングファネルは一般的に、以下の5つのステップで構成されます。

  1. 認知:まずは、あなたの商品やサービスの存在を知ってもらうことが大切です。
  2. 興味関心:次に、商品に興味を持ってもらい、詳しく知りたいと思ってもらう必要があります。
  3. 検討:購入を検討する段階では、商品やサービスのメリット・デメリットを比較検討します。
  4. 購入:そして、ついに購入を決断!
  5. リピート・推奨:さらに、リピート購入や周囲への推奨へと繋がることで、ファンを増やしていきます。

SNSで認知してもらいLPで興味関心を引き出す

マーケティングファネルの最初のステップは、認知です。

起業したての頃は、まだ多くの人に商品やサービスを知られていない状態です。

そこで活用したいのが、SNSです。

ターゲット層が利用しているSNSを活用することで、効率的に認知度を高めることができます。

例えば、以下のような方法があります。

  • ターゲット層に合わせたコンテンツを発信する
  • キャンペーンやイベントを開催する
  • インフルエンサーに協力してもらう

SNSで認知度を高めることができたら、次はランディングページ(LP)興味関心を引き出すことが重要です。

ランディングページは、商品やサービスの魅力を効果的に伝えるためのページです。

  • 魅力的なタイトルとキャッチコピー
  • 見やすいレイアウトとデザイン
  • 分かりやすい文章と画像・動画
  • 行動を促すボタン

などを活用することで、購入や資料請求などの行動を促すことができます。

SNSで認知度を高め、ランディングページで興味関心を引き出すことで、マーケティングファネルの最初のステップを成功させることができます。

ランディングページの重要性

この5つのステップの中で、特に重要な役割を果たすのがランディングページ(LP)です。

LPとは、広告や検索結果からアクセスした人が最初に訪れるページのこと。

商品やサービスの魅力を効果的に伝え、購入や資料請求などの行動を促す「売り込みの要塞」のような役割を担っています。

ランディングページがうまく機能すれば、

  • 商品に興味を持った人が購入に繋がる可能性が高まる
  • 広告費用を効率的に活用できる
  • 顧客満足度を向上できる

といったメリットがあります。

まとめ

マーケティングファネルは、売上アップを目指すビジネスにとって、欠かせない考え方です。

特に、ランディングページは、顧客獲得の鍵となる重要なページです。

ぜひ、今回の記事を参考に、効果的なランディングページを作成し、売上アップを目指しましょう!

LP制作講座 with WordPress

4月から『LP制作講座 with WordPress』を開催します。

詳細は後日お知らせしますが、とりあえず日程だけお知らせしておきます。

日程
第1回目(4/5(金)20:00~22:00 / 4/7(日)10:00~12:00)
第2回目(4/12(金)20:00~22:00 / 4/14(日)10:00~12:00)
第3回目(4/19(金)20:00~22:00 / 4/21(日)10:00~12:00)
第4回目(4/26金)20:00~22:00 / 4/28(日)10:00~12:00)
※各回を都合の良い日時で受講できる

会場
オンライン(Zoom)

2024年こそは売上を爆上げしたいと思っている方はこちらからお問い合わせください。